御撮置き GR

----- o t o r i o k i --------------------------------------------------------------------------------------------

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

日曜日 

2011/06/15
Wed. 12:20

RTB-100-32.jpg

昼前まで寝させていただいて、

子どもたちが両親と遊んでいたのでカブ乗って門前仲町へおやつを買いに出かけて、

富岡八幡で骨董市やってて立ち寄って、

僕が子供の頃の1リットル瓶のファンタが未開封で売ってて買っちゃって、

家に帰ったら嫁君が子どもたちの髪の毛切ってて、

その横でおやつの用意して。

ファンタを飲みたがる娘にこれは毒だから手を出すなと釘刺して、

甘味で夜まで生きるエネルギーを補充したから余剰分を燃やすために外に出て、

隅田川沿いの公園で家族そろってスケートボードのって。

アレしてコレしてと行き当たりばったりな日曜日だった。

満腹。


camera : Canon PowerShot G11
スポンサーサイト

[edit]

CM: --
TB: --

page top

スーパーカブ110プロ 

2011/06/13
Mon. 12:50

RTB-100-30.jpg

ちょっと走ればすぐ信号に引っかかり、

そいつが引き起こす慢性的な渋滞がエンジンの油温を容赦なく上げてくれやがる東京の道路事情。

1000cc・空冷・乾式クラッチ・L型(後ろのシリンダーが風浴びてくれない)の

ドゥカティ ムルティストラーダで夏の都内を走ろうものなら10分で大好きなバイクって乗物を嫌いになれる。

すべての道路をそこそこ走れるってコンセプトも進まない道には立ち向かえないのよな。

そこでアドレス110に乗るのだが仕事でガシガシ使うには荷物が乗らない。

荷物が乗るプレスカブはアレがソレでちょっとつらい。

というストーリーを書いて自分の中の渋い部署を口説き、

スーパーカブ110プロを購入した。

ホントの所はFiのカブに乗ってみたかったのとリモワのボックスに萌えちゃったってとこが大きい。


camera : Canon PowerShot G11

[edit]

CM: --
TB: --

page top

モンスターペアレント的徒競走考察 

2011/06/09
Thu. 15:00

RTB-100-24-.jpg

スポーツに たられば は無いと言うが、

あえて語るならば、

この直線の後の1コーナー進入でひとり抜き、

S字で前の二人との差を詰め1ヘアでは仕掛けず立ち上がり重視。

ダンロップブリッジを抜けて2ヘアをスピードのせたままこらえ、立ち上がりの伸びでまたひとりパス。

裏ストレートはスリップについて直線の遅さをカバーしつつ、

最終コーナーでアウトからかぶせラインをクロスさせインへ。

相手がアウトにはらんで砂埃を上げているのを横目に、トップへ躍り出て見事優勝。

という展開だったはずなのに。(レース鑑賞している僕の横にいるので刷り込まれているに違いないから。)

合理的という手抜きにより、筑波サーキット的なコースではなく、

直線50メートルというドラッグレース的レイアウトでお茶を濁した学校がわ事情により、

我が子は4位だったと言わざるをえない。


camera : Nikon D700 + AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

[edit]

CM: --
TB: --

page top

プレスカブ 

2011/06/08
Wed. 16:00

RTB-100-22.jpg

16歳で中型免許とって以来乗っていなかったので 50cc (原付一種) の法令が思い出せない。

交差点は一番左の車線から時速30キロで二段階にバンクさせて曲がるんだ。

みたいなとても危険なルールだったような あやふやな記憶しかない。

厳守すると己を危険にさらすが、

守らねば免許の点数を失うタイプの無理ゲーだったのは確かだ。

中免もってない同僚も乗れるように自腹で導入したプレスカブだったのだが、

最近は僕しか乗っていないので免許をいたわるためにお別れすることにした。

後釜はピンクナンバーのカブなんだけどね。


Nikon D700 + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZF.2

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2011-06

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。