御撮置き GR

----- o t o r i o k i --------------------------------------------------------------------------------------------

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

SONY NEX-5 

2011/01/17
Mon. 19:30



心配事っていう種類のストレスカードを引いてしまい、

柄にもなく不眠を患った先週末。

対処方法を攻略本で調べたら、「なんか買って記憶を上書きせよ。」と書いてあった。

お!それなら得意だぜ!!

電器店へ出かけ、片思いを募らせていたミラーレス機を購入することに。

SONY NEX-5 ダブルレンズキットとワイコン。

それとニコンレンズを装着するためのFマウントアダプターをヘソクリにて購入。

次のカードを引く気力が湧いてきたので逆転を狙ってプレー続行。
スポンサーサイト

[edit]

CM: 6
TB: 0

page top

Voigtländer Vitessa N ULTRON50/2 その後 

2010/12/17
Fri. 12:00

20101211-20101211-scan354.jpg

きしょえー!ももも萌えー!蛇腹萌えー!!プランジャー蕩れーーーー!!!

って買ったジャンク品のビテッサ。

どうやら動くっぽいよ。(ここまでが前回のあらすじ

現像を受け取り、手に汗握りフイルムを光にかざすとバッチリ撮れていた。

機械の神様ありがとう。

小躍りしながらスキャナーで取り込んでディスプレイで確認するとバッチリブレていた。

カメラの神様ごめんなさい。

ぶれは機械ではなく、僕の腕と目(視度調節しないと見えない)によるいつもの感じだったので、

我が家にやってきたビテッサは健康みたい。

めでたしめでたし。


place : 自宅
camera : Voigtländer Vitessa N ULTRON50/2
Scanner : EPSON GT-X820
Film : Fujichrome PROVIA 400X

[edit]

CM: 4
TB: 0

page top

Pocket Light Meter 

2010/12/14
Tue. 12:00

名称未設定

職人の勘って言葉は聞こえがいいが、彼らとともに製造の現場にいて思わされるのは、

腕の良い職人ほど勘に頼る工程を下ごしらえの段階で丁寧に減らしているということだ。

彼らに言わせると、何でも勘に頼りたがるのは下ごしらえが面倒な奴だそうな。

ちょと深い話が始まるのかと思わせといて相変わらずだらしない本題にはいりまーす。

ビテッサには露出計がない。そして僕は露出計を持っていない。さらに脳内計測があてにならない。

ならば露出計を購入するかと価格を調べるとビテッサ本体の購入価格を大きく上回るので気持ちがのらない。

その価格調査中に出会ったのがiPhoneを露出計として使うアプリ「Pocket Light Meter」価格は無料円。

冒頭の職人に言わせると、道具にこだわらない奴はうんたらかんたら・・・と始まりそうだが、

電話の中に露出相談役がいてくれるのは、露出に優柔不断なわたくしの頼れる彼氏が如し。

とりあえず友達から付き合ってみることにした。

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

Voigtländer Vitessa N ULTRON50/2 

2010/12/09
Thu. 21:46

20101209-IMG_7183.jpg

20101209-IMG_7198.jpg

図書館で借りてきた本に載っていたフォクトレンダーのビテッサに一目惚れ。

いや、あっちも確実に俺の方見てたわ。

うん。なんつーかさ、わかっちゃうんだよなーそーゆーの。(デレデレで)

などと相手が物言わぬ機械だってのをいいことに言いたい放題で価格調査にヤフオクへ。

すると見た目がきれいなシャッターが切れないらしいジャンク品の子がポッケに入ってるお小遣い価格。

「シャッター切れないだのジャンク品だの言われながら人目にさらされているなんて不憫でならぬ。

写真が撮れれば皆カメラではないか。我が家へおいでなさい。」

精一杯渋い声で呟きながらポチリと入札・・・・・・。

いや違う。シャッター切れなきゃ写真撮れないよアワワ・・・と冷静になり後悔の嵐が吹き荒れる中落札。

溜め息混じりに出品者さんと連絡とって入金。紳士なお方で癒される。

本日到着。

バリバリと箱を開け、冷たいボディから漂う機械油のアロマを胸いっぱいに吸い込んで

レンズを覗き込み空シャッターを切ってみる。

と、予想を裏切りシンプルな5枚羽根が威勢よく開かれる。

・・・・・・切れた!!!

その後もガシガシと絞ったり開放したりシャッタースピードを調整しながらいじり倒すもすこぶる健康体。

とはいえ、まだ現像出したわけではないのでアレがアレなのだがきっとこの子は生きている。大丈夫。信じてる。

[edit]

CM: 4
TB: 0

page top

IS03 

2010/11/30
Tue. 12:00

20101127-_ROC2484-1.jpg

iPhoneとAndroid端末。どっちがどーなのさ?

仕事の打ち合わせそっちのけで質問を投げてくるクライアントの球は打ち返したいし、

個人的にも疑問だったのでiPhoneと併用していた従来の携帯電話をIS03に機種変更してみた。

大人は使ったこと無いものをクチコミや風評で切り捨てるようなことはしないのです。(XBOX360をチラ見して微笑む)

現時点で解ったのはスマートフォン2台持ちによって2倍スマートにはならないって事。

便利な機械がかさばって不便におちいったりしちゃいけない。

お・・・大人なんだから。

冗談はさておき。今まで使っていたiida G9と比べ通話電波の受信感度が悪いみたい。

購入予定の方はすでに持っている人にチェックしてもらってからのほうがいいかもね。


place : 自宅
camera : Nikon D700 + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZF.2

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZF.2 

2010/11/25
Thu. 14:43

20101124-IMG_7089-1.jpg

結婚記念日のお祝いにCarl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZF.2を頂戴した。
感謝の気持ちはここに書くことではなく日々の積み重ねなのでここでは割愛して、購入動機を記録。

・Nikon F3・F4・D700で使いたい。(絞りリング必須)

・画角は50mm(好きなので)

・明るい(超日当たりが悪い家で動く子どもを撮る)

・寄れる(いつも使う種類のレンズなのでこれ大事)

この4点でヒットしたのが Makro Planar T* 2/50。
マクロプラナー・・・キングゲイナー・・ワインガードナー・・・ペーターザウバー・・・・
語感もいいじゃないか。

酔った勢いで買って現在行方不明中の黒いCONTAX T3や、
SONY DSC-F828位でしか接点の無かったCarl Zeissをちゃんと使ってみたいって興味もあったので、
この子に決めさせていただいた。
猫に小判感がゴリゴリするが、んなこた一眼レフデビュー機にF4選んだ時から変わらない僕のチャームポイント。

嫁君には、このレンズの接写地獄をお返ししたいと思う。


place : 自宅
camera : Canon PowerShot G11

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

Nikon D700 

2010/11/04
Thu. 12:30

20101102-IMG_6936.jpg

衝動買いと言えば衝動買いなのだが、違う部分から切ってみると積年の憧れだったりもする。

そんなノリでNikon D700を購入した。

ん?

数日前にもこんなエントリを書いた気が・・・なにこの既視感・・怖い。

てなことで、御撮置きGR。

GR色がますます薄れていくことになりそうです。


place : 自宅
camera : Canon PowerShot G11
Effect : adobe Lightroom 3.2 カラークリエイティブ 昔風2

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

Nikon F3HP 

2010/10/29
Fri. 12:51

20101028-IMG_6859.jpg

衝動買いと言えば衝動買いなのだが、違う部分から切ってみると積年の憧れだったりもする。

そんなノリでNikon F3HPを購入した。

撮ったあと反射的に裏蓋部分にあるはずのない液晶画面を探してしまうデジカメグセが抜けなくて苦笑い。

現像だしてドキドキ。プリント待ってワクワク。

なんつーのも懐かしくって楽しいや。



place : 自宅
camera : Canon PowerShot G11
Effect : adobe Lightroom 3.2 カラークリエイティブ 昔風2

[edit]

CM: 4
TB: 0

page top

2017-05

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。